妊娠しやすい体作りに必要な葉酸の摂取量は?過剰摂取は効果なし?

妊娠しやすい体作りに必要な葉酸の摂取量は?過剰摂取は効果なし?

マタニティーママに安心安全な食材として
葉酸が注目を集めています。

また、妊娠を計画している女性に望ましいのも葉酸です。

葉酸は、ほうれん草なら、約200グラム相当を摂取しなければいけません。

ほうれん草の場合、水と熱と光りに弱いので、サプリメントなどで、
効率的に摂取することが葉酸不足にならない方法です。

妊娠しやすい身体づくりに必要な葉酸の摂取量は、
1日400マイクログラムと言われています。

厚生労働省からも1日400マイクログラムの葉酸を接種するように
推奨されていますので、必要最低限の分量の目安は、この分量だという事です。

妊活中や妊娠中の女性は、極度に栄養を失い、
身体のバランスを崩してしまう恐れがあるのです。

健康的な日常を送るためには、葉酸は必要な栄養補給食品なのです。

葉酸は体内で蓄積されにくく、
日常の食生活からは非常に摂取しにくい栄養素です。

葉酸不足による体調不良になる事もよく見かけられますので、
普段からサプリメントなどで、補って行くことが大切です。

実際に、1日400マイクログラムの摂取量とは、
どれくらいかというと大よその目安は、以下の通りです。

枝豆80グラムで141マイクログラム、
ほうれん草2株60グラムで126マイクログラム、
アスパラガス3本で114マイクログラム、
ブロッコリー2房で105マイクログラムです。

このように葉酸は、緑の野菜に多く含まれている事が多いのですが、
他にも納豆や海藻、フルーツ、甘栗にも、含まれております。

また、葉酸の過剰摂取を心配する方もいらっしゃいます。

食事でも、葉酸の多い物を積極的に食べて、
その上にサプリメントで必要量以上を飲んでしまう場合です。

どれ位の料を体内に入れると過剰摂取になるかというと、
厚生労働省の通知によると、葉酸摂取量は、
1日当たり1mグラム=1000マイクログラムを
超えてはいけない
という事です。

もし、葉酸を過剰に摂取した場合、
どのような症状が現れるのでしょうか。

人によって様々ですが、色々な状態が起こります。

例えば、不眠症や、吐き気、むくみ、
皮膚にアレルギー反応が出ることもあります。

このような副作用は、健康補助食品(サプリメント)の取りすぎによる
症状ですので、普段の食事からは摂れない分量です。

また、葉酸の過剰摂取による副作用で、
生まれてきた赤ちゃんが小児喘息になるリスクもあります。

サプリメントを併用するときには、1日に飲む分量は、
きちんと注意書きの分量を守って飲む事が重要です。

葉酸を食事で補っている方に関しては、多めに摂取しても、
必要以上に過剰摂取する心配はありませんので、
バンバンとって大丈夫です。