妊娠前から葉酸を摂取した場合いつまで続ければ安心?

妊娠前から葉酸を摂取した場合いつまで続ければ安心?

葉酸はほうれん草から発見された栄養素で、
ほうれん草の他にレバーやうなぎに多く含まれています。

この葉酸を細胞分裂の活発な妊娠初期に特に意識して摂取することで、
先天性障害であるニ分脊椎症といった
神経管閉鎖障害のリスクを軽減することが分かっています。

また最近では、これから赤ちゃんを希望する妊活中の女性の間では
妊娠が分かる前からこの葉酸の摂取を始めている人も多くなっているのです。

さてこの葉酸ですが、いつまで摂取すれば良いのか
疑問に思っている人もいるでしょう。

二分脊椎症のリスクが減る妊娠初期まで
飲んでいれば安心なのでしょうか。

実は葉酸は、こうした二分脊椎症などの先天性障害の
リスクを減らすだけではなく、母体や赤ちゃんにとって
他にも様々な有益な効果をもたらす成分なのです。

葉酸は、ビタミンB12と共に血液を作る役割も担っており、
それにより妊娠中に起こりやす貧血を予防する働きがあります。

また、母乳の原料は血液ですから出産後も葉酸を摂取し続けることによって、
母乳の出が良くなるというメリットもあるのです。

そして葉酸を摂取することで母乳の質も良くなり、
赤ちゃんの細胞分裂の手助けにもなります。

このように葉酸は妊娠前から妊娠初期、
そして出産後の授乳期にも必要な成分と言えるのです。

葉酸は、初めに述べたようにほうれん草やレバー、
うなぎといった食材に多く含まれているものの、
妊娠中は通常よりも多くの葉酸が必要になります。

妊娠初期の悪阻を考えると、食品だけではなく
サプリで葉酸を補うことが賢い方法でしょう。

葉酸サプリを選ぶ時のポイントとしては、
含まれる成分が非常に重要となります。

添加物が少ないことやなるべく天然成分で作られた
葉酸サプリが安心です。

また、葉酸はビタミンB12と一緒に働きますから、
葉酸と一緒にビタミンB12が配合されたサプリが望ましいでしょう。

妊活中や妊娠中、そして授乳期の女性の場合、
推奨されている1日の葉酸摂取量は0.4グラム
となっています。

ですから、サプリを選ぶ際には
この量を摂取出来るかどうかを目安としましょう。

葉酸はビタミンBの1種であり水溶性ですから、
万が一推奨摂取量よりも多く葉酸を摂りいれてしまっても、
重大な問題は起こらないと言われています。

安心してサプリを摂る事が出来ますね。

水溶性ビタミンである葉酸は、
体内に蓄えておく事の出来ない成分です。

ですから、母体のためにも赤ちゃんの成長のためにも
授乳期まで毎日摂取する事が望ましいのです。

だからこそ葉酸のサプリを利用して、
手軽に効率良く補うようにしましょう。