葉酸の摂取効果は妊婦だけでなくお腹の赤ちゃんの成長にも関係する

葉酸の摂取効果は妊婦だけでなくお腹の赤ちゃんの成長にも関係する

厚生労働省は妊娠中の方に、毎日の葉酸摂取を勧めています。

妊娠中に葉酸を摂取すると、貧血を予防したり、
胎児の神経管欠損症を回避する効果があると
言われているのは、妊娠中の方なら良くご存知でしょう。

それに関連して、間接的にですが
葉酸にはお腹の赤ちゃんの成長を助ける働きがあります。

お腹の赤ちゃんが成長するために必要な栄養分や酸素は、
全てお母さんの血液によって胎盤に運ばれ、
それを通して赤ちゃんに届きます。

妊娠中は体内に水分が多く溜め込まれるため、
相対的に赤血球の数が少なくなります。

また、赤ちゃんに優先的に血液が回るため、
お母さんは貧血になりやすくなるのです。

この場合は鉄分が不足して水分量に見合うだけの赤血球が
不足しているのが原因なので、大抵は鉄剤を処方されます。

しかし、葉酸が不足した場合の貧血は、
赤血球自体が未熟な状態で生産されてしまいます。

そのため、新陳代謝で赤血球が入れ替わるたびに、
働きが鈍くなってしまう悪性貧血になってしまいます。

こうなると栄養や酸素を運ぶ働きが低下するため、
お母さんがしっかり栄養を摂ったとしても、
赤ちゃんは栄養不足の状態に陥ります。

また、悪性貧血が分かった時点で葉酸を摂り始めても
治癒しづらい
のです。

母体と胎児双方にとって妊娠中だけでなく、
出産後もトラブルになる可能性が高くなります。

葉酸不足の影響を考えれば、
葉酸を摂取する事の大切さが分かりますね。

それから、厚生労働省が勧める葉酸摂取の対象は、
妊娠中の方だけでなく妊娠を望む方も含まれているのも、
赤ちゃんの成長に関係する大きなポイントです。

葉酸は細胞の遺伝子DNAを作る補酵素としての働きが
最も重要です。

受精から細胞分裂を繰り返して成長するお腹の赤ちゃんには
必要不可欠な成分です。

特に臓器等あらゆる器官の基礎が形成される妊娠2・3ヶ月は、
赤ちゃんにとって最も大事な時期
といえますが、
まだこの時期では妊娠に気づく女性は非常に少ないですね。

妊娠に気づいた時にはもう器官形成期は過ぎているため、
後で困った事にならないよう、
妊娠前から葉酸を摂取するよう勧めているのです。

1日葉酸摂取量は非妊時で240μgで妊娠中は倍の480μgに増えますが、
葉酸は水溶性ビタミンのため、それに見合う食事を摂るのがかなり大変です。

妊娠中はつわりやお腹が大きくなって食べられない場合も多いので、
手軽に確実に葉酸を摂る為には葉酸サプリがベストです。

葉酸サプリは多種市販されていますが、含有量の多い製品や
その他妊娠中に必要なビタミン・ミネラルも含んでいる製品など、様々です。

お好きな葉酸サプリを選んでかまいません。

しかし、お腹の赤ちゃんへの安全を考えて、なるべくなら
天然由来で国産かつ品質管理がしっかりしているものを選びましょう。