食べ物だけでは不足しがちな葉酸の摂取量をサプリメントで効果的に摂る

食べ物だけでは不足しがちな葉酸の摂取量をサプリメントで効果的に摂る

葉酸は水溶性のビタミンの一種で、サプリメントなどでも
ドラッグストアでよく見かけるメジャーな栄養素であると言えます。

サプリメントなどの栄養機能表示には、パッケージに
「葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。」
「葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。」
と書かれており、その役割は妊婦などに広く認知されています。

しかしこの葉酸は妊婦の方だけでなく、
男性・女性にとっても、非常に重要な栄養素ですが、
普段の食事だけでは不足してしまう傾向にあります。

葉酸は主にアスパラガスやえだまめ等の野菜類や
レバーやうなぎなどの動物性食品に多く含まれますが、
日常的に継続して摂取するのが難しい物が多いのが特徴です。

この葉酸は、よく妊婦の方の必須栄養素だと言われます。

これは、葉酸が不足すると、生まれてくる子供の神経障害の発症率が
高まることなどが理由で、アメリカや日本でも多くの研究事例があります。

妊娠時には普段の摂取量の二倍が必要だということで、
尚更不足しがちな栄養素であると言えます。

また妊娠していない女性や男性にとっても葉酸は重要な栄養素です。

葉酸が不足すると動脈硬化のリスクが高くなるとも言われ、
胃腸などの機能の減退などにもつながるので大きな問題です。

そんな現代人には必須ともいえる葉酸ですが、
上記のように食事でその必要量を摂取するのは困難です。

そこでオススメなのが、サプリメントを利用して
効率的に葉酸を摂取する
ということです。

特に妊娠時などに毎日必要な量をキチンと摂りたい場合には、
摂取量がわかりやすいサプリメントが有効です。

しかし、葉酸をサプリメントで摂取することをオススメするのは
こうした摂取時の利便性だけではありません。

食べ物に含まれる葉酸とサプリメントの葉酸は、
構造が基本的に異なるのです。

もちろんその期待できる効果は同じなのですが、
体内で吸収される過程が両者で異なるので注意が必要なのです。

レバーやアスパラガスなどの食べ物から摂取する葉酸は
体内で吸収するまでの間に様々な代謝物質の影響を受けるので、
その生体利用率は50パーセントを下回ると言われています。

一方、サプリメント含有の葉酸は
安定して体内に吸収される構造になっているので、
生体利用率が高くなっています。

このように、葉酸は必要な栄養素であるにも関わらず、
摂取不足が非常に深刻になってしまいます。

ぜひ普段の食生活ではもちろん、サプリメントなどを賢く利用して
効率的に葉酸の摂取を心がけてください。